30半ばで台湾留学

広告業界で働きまくって12年。日本を飛び出したい想いが抑えきれず、30代半ばでまさかの休職→台湾留学!

台北から約1時間「基隆」の廟口夜市は美食の宝庫

台北からバスか電車でおそよ1時間いったところに、

基隆という港町があります。

英語読みはキールン、中国語読みはJī lóngでジーロン。

 

基隆には廟口夜市という

お寺を中心に広がった夜市があり、美食の宝庫なんです。

 

その美食を目当てに、基隆に行ってきました。

 

ちなみに台湾観光で欠かせない「夜市」は、

その大半がお寺を中心に広がっていったもの。

(もしくは学校のそばで発展していったもの)

夜市のド真ん中に突然お寺が出現するのはそのためです。

 

人が集まるところに、食も集まる。

台湾の人々の信仰の中心はお寺なんだということがわかります。

 

台湾の宗教は日本と同じような感覚です。

仏教がベースにありつつ、

先祖を大切にし、神様がたくさんいる。

 

お参りする頻度も高く、信仰心は日本のそれより厚い気がします。

信仰心というよりは、古くからの慣習といったところも強いですが。

 

 

と、基隆に話を戻しましょう。

 

基隆は台北の東北の海岸沿いに位置する街。

以前記事にした野柳という面白い風景が見れる場所も近いんです。

saya-i.hatenablog.com

 

野柳以外にも、基隆のすぐそばには絶景が観れる場所がたくさん。

夜市で美食を堪能する前に、その中のひとつに行ってみました。

 

それが「和平島」 

和平島の入り口看板

goo.gl

 

基隆の駅からバスで30分ほどの場所です。

 

美しい海!美しい景色!

和平島公園から見える、海と奇岩の作り出す美しい景色和平島公園から見える、海と奇岩の作り出す美しい景色

 

野柳地質公園と同じ海岸線だからか、岩の質が同じです。

和平島公園から見える海と奇岩の作り出す美しい夕景

空がだんだんと茜色に染まっていく中を散策。

最高な時間帯に来れました。

 

また、わたしたしが行った夕方にはもう閉まっていましたが、

岩と海水でできた自然と一体のプールもあるので、

午前中か昼ごろから行って楽しむのもよさそうだなと思いました。

 

 

美しい夕日が海に沈むのを見送ったあと、

来た時と逆側のバスに乗り込んで、お待ちかねの廟口夜市へ!

基隆の廟口夜市の入り口。たくさんの提灯とたくさんの小吃屋が並ぶ

goo.gl

 

提灯がずらりと並んだ道にギッシリと店が並びます。

左右どこをみても美味しそうなものがたっくさん!

人もたっくさん! 

基隆の廟口夜市。熱気と喧騒。集う人々のいきいきとした表情基隆の廟口夜市。熱気と喧騒。集う人々のいきいきとした表情基隆の廟口夜市。熱気と喧騒。集う人々のいきいきとした表情

廟の中までテーブルが並び、とても賑やかです。

廟口夜市は、お店全てに番号がふられていて、

目当てのお店が探しやすいようになっています。

とはいえ、今回は事前リサーチは無し!

いきあたりばったりです。

 

そんなときに美味しいものを見つけるコツはただひとつ。

台湾では行列の先には必ず美味しいものがある!

 

日本だとそうとも限らなかったりするんですけどね。

台湾の人たちは日本人以上に食への情熱が強い気がします。

 

というわけで、そんな経験と嗅覚と勘だけをたよりに、

美味しいものを探します。

 

まずは天婦羅

こめんなさい、お店の番号を控え忘れました。

が、ひときわ長い行列ができているので、すぐわかると思います。

基隆の廟口夜市の天婦羅屋台基隆の廟口夜市の絶品天婦羅

台湾で「天婦羅」は、さつまあげのこと。

ぷりっぷりで味のしっかりついたさつまあげ

甘めのタレをかけて食べます。

 

この天婦羅がほんと絶品!!!

モチモチプリプリで、

今まで食べたどの天婦羅よりも美味しかったです。

これをツマミに一晩お酒飲んでいられます。

ああ、もういちど食べたい・・・!

 

次は一口香腸生ニンニク添え。

基隆の廟口夜市の一口香腸生

天婦羅もですが、これもビールとの相性は最高です。

いくらでも食べられます。

ちなみにビールはコンビニで入手してくださいね。

 

つづいて螃蟹羹は蟹のとろみスープ。

それと油飯はおこわ。

基隆の廟口夜市の螃蟹羹屋台基隆の廟口夜市の螃蟹羹というカニのとろみスープ。優しい味基隆の廟口夜市の油飯。見た目よりも優しい味のおこわ

この2つはぜひセットで食べてもらいたい。

どちらも海鮮の出汁が効いた優しい味付けで、ぺろりと完食してしまいます。

 

最後にデザートで、シャーベットのようなスムージのような泡泡冰

基隆の廟口夜市の泡泡冰。シャーベット。レモンとキウイとパイナップル味

 

もうね、どこで何を食べても、

ほんっとうに美味しかったです。


お腹いっぱいになってしまったのであきらめましたが、

こんな魅力的な海鮮たちも。

基隆の廟口夜市のとある海鮮のお店。店先に並ぶたくさんの海鮮から好きなものを選んで料理してもらう
やはり港町は食が最高です。

 

 

基隆の廟口夜市は夜市といいながら、実は昼から営業しているんです。

とはいえやはり賑わいのピークは夕方6時以降。

人混みが嫌な方は、それを避けて昼に来てもいいかもしれません。

 

そして昼からやっているせいか、実は夜も終わるのは早め。

通常の夜市は24時ごろまで営業していますが、

ここは22時くらいになると、営業を終えるお店もでてきて、

静かになっていきます。

夢中で遊びすぎて台北へ戻れなくなるなんてことも

よっぽどでない限りないので安心ですね。

 

バスも電車も「基隆」行きがあって簡単で、台北からたった1時間。

台北市内の夜市とはまた違った空気と美食を楽しめますよ。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(台湾)へ
にほんブログ村


台湾留学ランキング